関東逆境中年投資部

中年でも幸せになりたい!そのためにはお金が必要!投資やお金の事について勉強しているブログです。

株というものは、最終的には夢や理想ではなく、リアリティとぴったりくっついているものだともいえます。(苦瓜達郎氏のお言葉)

スポンサーリンク

f:id:cyu-nen:20191128120441p:plain

株式市場には、「企業が得た利益を分配する装置」という側面があります。

「結局、どれほどの価値があるのか」を見定める際、「お金」で計算して判断するわけです。

株というものは、最終的には夢や理想ではなく、リアリティとぴったりくっついているものだともいえます。

お金で計算できるというのは、ある意味で非常に健全なことです。

 

引用元: ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること(苦瓜達郎 著)より

2016年~2017年の1年間でファンド運用実績、年44.3%プラスという結果を叩き出したファンドマネージャー、苦瓜達郎氏の本より引用。

引用した苦瓜氏の文章は非常にオブラートに包んだ言い方である。

要するにこれは投資をするとき、「「夢」や「理想」だけを見るのではなくて、お金の面(予想利益率、財務状況など)もしっかり見て投資をしろ」と言いたいのではないかと思う。

たとえばIPO上場前の、とある企業の目論見書には将来の輝かしい未来を思わせる素晴らしい予想売上、予想利益率が書かれているが、実際に上場してみると何度も赤字を垂れ流し、投資家に損失を与え続けるだけの会社も残念ながら存在する。

「夢」「理想」だけで投資をするのは不健全(失敗する投資)、ある程度「お金」で計算できる企業への投資は健全(成功しやすい投資)ということなのだろう。

 

 

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村